数あるローンサービスの中でも、「マンモスローン」が提供しているメインサービスの「借り換えローン」は、非常に定評があるローンサービスです。というのも、ローン系金融機関にありがちな「何がなんでも借りてほしい!」というオーラはあまり感じられず、どちらかといえばユーザーひとりひとりの立場にたって返済のプランニングをしっかりしてくれるという安心感を得られることこそ、この「マンモスローン」を利用する最大のメリットになるのではないかと思います。ですから、他社で複数の借入があるという方なら、この「マンモスローン」に一度ご相談されることをおすすめします。返済期間に関しても、借り換えローンサービスの金融業者にしてはかなりゆとりある設定になっていますので、じっくり時間をかけて返済したいと考える人にとってはさらにプラスが大きくなるものと思われます。

それでは、良心的なローン系金融機関である「マンモスローン」について、簡単ですが以下にまとめてみたいと思います。

 

・事業形態・・・消費者金融系サービス(借り換えローン)

・対象者・・・満20歳以上70歳以下で、安定した収入のある方/地域限定なし※1

・限度額・・・100万円~500万円まで

・審査スピード・・・WEBで簡単融資診断あり、通常1時間~2時間

・融資スピード・・・即日入金可能

・金利・・・7.3%~15.0(実質年率)

・遅延損害金・・・賠償額の元本に対する割合で20.0(実質年率)

・即日融資の可否・・・可

・担保・・・原則不要

・連帯保証人・・・原則不要

・申込方法・・・パソコン、ケータイ、電話など、お客様の都合に合わせて最適な方法で可能

・返済方式・・・元利均等返済・現金均等返済・一括返済

・返済方法・・・銀行振り込み

・返済期間・・・最長7

・最大分割回数・・・84(1カ月単位)

・入会金・・・無料

・年会費・・・無料

・必要書類・・・運転免許証・健康保険証・所得証明

 

1・・・借り換えローン適用者のみ

 | Posted by | Categories: |

 

 

いわゆる「多重債務」で悩んでいるという方もいらっしゃるかと思いますが、やはりそういうときに役に立つのが、近年にわかに注目を集めるようになった「おまとめローン」ということになると思います。「おまとめローン」のサービスを提供している金融機関は今では珍しくありませんが、銀行系企業と消費者金融系とでは、同じ「おまとめローン」のサービスでも若干の違いがあります。やはり、利便性の高さ、融通性の高さを重視するのであれば、消費者金融系企業の「おまとめローン」がよりおすすめということになると思いますが、今回はそんな消費者金融系「おまとめローン」のサービスをご紹介したいと思います。そのサービスとは、「中央リテール」のおまとめローンサービスです。「中央リテール」のホームページでは、ごくごく簡単な事前審査である「クイック診断」や、「返済シミュレーション」ができるということで、事前に融資に関してある程度のことが見えるというメリットがあります。それでは、「中央リテール」についての詳細情報について、以下にまとめてみたいと思います。

 

・事業形態・・・消費者金融系サービス

・対象者・・・現在の借入残高が、銀行系・信販系含めて、合計で5件以上かつ200万以上ある方

・限度額・・・500万円まで

・審査スピード・・・最短で2時間(事前に「クイック診断」による自己審査あり)

・融資スピード・・・最短で1(審査後翌営業日融資可能)

・金利・・・10.95%~13.0(実質年率)

・遅延損害金・・・賠償額の元本に対する割合で20.0(実質年率)

・即日融資の可否・・・不可

・担保・・・原則不要

・連帯保証人・・・原則不要

・申込方法・・・インターネット、電話(有料通話)

・手数料・・・不要

・提携ATM・・・なし

・返済方式・・・元利均等返済方式

・返済方法・・・指定口座への銀行振り込み

・返済期日・・・月1回、ご自身で決定した約定日

・返済期間・・・最長10

・最大分割回数・・・120

 | Posted by | Categories: 消費者金融 |

入社して間もないころ、新生活で出費が多くなり、生活ではピンチになることがありました。こんなとき、キャンシングができると便利に思ったことから、キャッシング契約を行なったのですが、これは正解でした。まず、困ってからすぐに申し込めることやサラリーマンでは、審査が通りやすかったこと。そこで、入社して間もないころ、みんな使っていたキャッシングがあるので、そのうち3つについてお話します。

  

1つめは、アコムです。

アコムでは、来店不要でインターネットを利用することができるようになっていることを特徴としています。ただし、安定した収入のあるサラリーマンでは審査が通りやすいのですが、増額についてはややきびしいとされています。

  

2つめに、モビットです。

モビットでは、審査が早く、銀行系の特徴がよく表れた会社となっています。申し込みでは、WEBを使って審査を早くすることができることにメリットがあり、すべてがネットでOKであることから、コンビニや店舗などに来店することなく利用できます。

  

3つめに、プロミスがあります。

プロミスでは、30日間無利息サービスがありますので、初めての方が利用するときは大変得になります。プロミスは、安定した収入があるサラリーマンであるなら、審査はスムーズに通るでしょう。利用を重ねて信用を高めると増額もありますので、将来的にいつでもお金が必要な時は助かるものとなります。

 

 

このようにみると、サラリーマンであっては、アコム、プロミス、モビットともに審査に通りやすいということがわかります。中でもプロミスでは審査が通りやすいだけでなく、キャンペーンを利用したい場合や増額を考える場合には非常によいことがわかります。そのことから、サラリーマンがはじめて利用するときには、審査が通りやすくて、特典があるところがよいということがいえるのです。そのほうが負担もなく得することになることから、おすすめできるものとなっています。

 | Posted by | Categories: 消費者金融 |

子供が二人居ると、場合によっては入学の時期がかさなってしまう事もあります。特に中学生や高校生、大学は3年の区切りで入学となるため時期が重なりやすいです。子供が複数居る人は入学に100万円単位でかかるケースもあり、融資も考えてみてはどうでしょうか。限度額500万円まで可能な金融業者なら対処する事が出来ます。おススメの5社を紹介します。

楽天銀行スーパーローンカード

楽天銀行はネット銀行としても成長している企業ですが、ローンの利用としてもおススメできます。
500
万円まで融資が可能なのはもちろんのこと、融資の内容は特に問われていません。限度額200万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です。楽天グループだからネットに強く、他の楽天サービスの共通のポイントが貯まります。楽天市場の買い物に利用したり、楽天銀行の振込み手数料として使えたりします。また、金利半額キャンペーンなど期間限定の特典も多く行われています。

アコムのキャッシング

消費者金融系ですがアコムは安心して使えます。
最高500万円まで、ネットで申し込めば30分で審査が可能即日振り込みに対応しています。入学金や授業料など直ぐに現金が必要な時に便利です。ネットはもちろんお近くのATMから24時間返済が可能です。

モビット

モビットも消費者金融系ですが、三井住友銀行がバックについており安心して申し込みができます。
最高500万円まで、WEBにて即日審査や融資が可能です。電話連絡や郵便物がないため、家族に知られずに借りたい場合でも便利なサービスです。

キャレント

大手金融業者ではありませんが、融資が500万円まで利用できて便利です。保証人が不用、ネットで24時間申し込みができます。

中央リテールおまとめローン

ネットで最短2時間の審査が可能、最短1日での融資ができます。ご相談窓口は全員国家資格取得者だから安心して相談ができます。色々な目的に利用できるローンの他、複数のローンをおまとめできるタイプも用意されています。

 | Posted by | Categories: 銀行系カードローン |

私は以前自己破産の経験があり、自己破産からはすでに5年以上経過していますが、自己破産に至るまでにはいろいろな経緯があり、最初は家族に借金のことが分からないように何とか誤魔化していましたが、最終的に自己破産をするのが一番良い方法だと理解して、自己破産する時には家族にも相談して何とか家族の関係は続けることはできています。

ここでは私の経験を含めながら、多重債務の人がすぐに行って欲しいことと、最悪自己破産に至るまでの心づもりについて説明しようと思います。

 

まず本当に多重債務で毎月の返済に困っているのであれば、家族に借金のことを隠していた私が言うのも変ですが、早めに信用ができる家族に相談するようにして下さい。

もしどうしても家族に言えないという場合には、弁護士や司法書士などの専門家に相談すれば、家族に知られないような工夫をしてくれて、何とか自己破産しなくてもいいようにしてくれる場合もあり、さらに自己破産以外の債務整理の方法を教えてくれて手伝ってくれます。

債務整理と言えば自己破産しかないと思っている人も多いと思いますが、債務整理の方法には特定調停任意整理個人再生などというものがあり、専門家に相談すればその人に最も良い方法を選んでくれます。

例えば任意整理という方法は、弁護士や司法書士が自分に代わって借入先と減額などの相談を行ってくれるもので、この場合は会社や自宅には連絡がいかないようにも交渉してくれます。

 

しかし会社には最後まで債務整理のことを知らないようにすることはできますが、マイホームを持っていて、それを処分することで借金を返済するのがベストの場合や、自己破産する場合には家族に知られないようにするのは無理なので、その時には潔く諦めて、事前にきちんと報告するようにして下さい。

 

そしてもし家族が連帯保証人になっていて、債務整理や自己破産をする時には、勝手に自分の判断で債務整理を進めることはやめて下さい。

誰かが連帯保証になっている場合は、自分が債務整理することによって連帯保証人に借金を押し付けることになってしまうので、必ず連帯保証人にも相談して債務整理をすべきかどうかを決めるようにして下さい。

 | Posted by | Categories: 返済 |